お金 借りる

MENU

お金を借りたらすぐ返す、遅れると後で苦しいことに

お金を借りたら返すというのは非常に当たり前のことでは有るのですが、残念ながらその当たり前のことが出来ない人もいます。
どうしてもお金は必要だったが収入が間に合わない人、借りっぱなしで返済意思がない人など様々です。

 

ですがどんな事情があったとしても返済はするべきですし、何よりも短期間で返済することを考えたほうが後々自分とためにもなります。
返済期間が長期になるとそれだけ金利の発生期間も長くなります。金利の発生期間が長くなればそれだけ支払う額も増えてくるので、お金が無い上に支払うお金も増えてしまうのです。

 

そうならないためにも最初は非常に苦しい生活を強いられるかと思いますが先に一気に支払ってしまったほうが後々に引くこともありませんし、後の生活が楽になります。

 

それに早期であればおまとめローンなどで金利の低いローン契約に切り替えることなども出来ますのでいかに負担を少なく、早く返済するのかを考えることが大切です。

 

借金を返済する意思が有るにも関わらず返済できない月などは金融業者に連絡することで一月だけ待ってもらえたりもすることがありますので、返済意思が有ることを表すことと、返済をいかに有利に進めるか。その違いだけで支払総額にも大きく影響します。

 

 

 

住宅ローン返済とライフイベント・マネープラン

一般的なサラリーマンにとって…一生に一度の最大の買い物といえば、マイホームではないでしょうか。
そして、多くの方が利用しているのが住宅ローンです。
そして、住宅ローンもまた、生涯のうち長期間にわたって返済を続けていく大きな借金と言えるでしょう。
借金である以上、住宅ローンも慎重かつ計画的に利用していく必要があります。
無計画にローンを組むと、長期間に渡って借金返済に苦しむことになります。

 

住宅ローン返済で押さえておきたいライフイベントとマネープラン

 

【収入面】
住宅ローンは長期間にわたって返済をしていく借金です。
ぜひとも、借入前にシミュレーションしていただきたいのがマネーライフプランです。
具体的には、収入額の推移(給料、パート代、年金等)です。
ご主人の定年時期の確認をはじめ、奥様は、妊娠や出産にともなう産休や退職、正社員からパートへの変更といったことも予想される場合は、それにともなって収入も変化していくことに注意しましょう。

 

【支出面】
コンスタントに続けていく住宅ローンの他にも、押さえておくべき大きな支出があります。
お子さんがいる、もしくは予定のある方は、出産、育児、教育資金が必要となります。
お子さんの成長にともなって、進学時および在学中の費用が発生するものですので、およその年齢と所要額を把握しておきましょう。
住宅は約10年おきにリフォームをすることになります。
軽微な修繕から大規模なものまで併せると、相当な額になるものです。
マイカー資金や医療費、保険料もチェックしておきましょう。
そして、老後資金です。
リタイア後の生活費の確保はどうするのか、またどれくらい必要になるのかを試算してみることも大切です。

 

 

 

親子ローンの注意点

親子ローンは、住宅ローンの返済を親子で引き継ぐローンです。
親子ローンは利点もありますが、注意すべき点も多い融資方法です。
親子でよく話し合って本当にそれでいいか、お互いが理解した上で納得することが、親子ローンを利用する時には不可欠です。

 

子どもが新しく家を買おううとしても、また自分で住宅ローンを組むことは、親子ローンを利用している場合には不可能となります。
すでに子どもは、親子ローンの連帯責任者という立場だからです。
未婚の子どもの場合、結婚後の生活スタイルが決まっていないうちから、親との同居を前提とした親子ローンを組むのは、早すぎるかもしれません。

 

子どもの場合、将来的な転勤や、遠隔地への赴任の可能性もあります。
住宅を購入することで、将来の選択肢を狭めてしまうことがないようにしましょう。
親が主導で住宅ローンを検討し、大事な決定を子どもが知らなかったということも、親子ローンを組む場合にはあるといいます。

 

あとからローンが重荷になることも、気軽にローンを組んだ場合にはあるでしょう。
同居が、親子間のトラブルが何らかの理由で起きてできなくなる場合もあるでしょう。
人生は、何が起きるかわからないことがたくさんあります。
親子ローンを組む時は、よく話し合って決める必要があるでしょう。

 

 

 

キャッシング申込みの注意点

最近増えているのがキャッシングの申し込みをする人ですが、いくつか注意点があるといいます。
他の会社ですでに借入をしていて、その返済がなかなかできないからとキャッシングを追加で申し込もうとする場合には要注意です。

 

信用を落としてしまい、審査に通る可能性が低下してしなうのは、返済努力があるように見えても遅滞していることそのものが良くないことだからです。
運よく審査を通過してキャッシングできたとしても新しく借りたお金で遅滞分の返済をしているので両方の利子を払うことになります。

 

今よりも返済が大変になることがまたあるので、いろいろと先のことを考えてから、新たにキャッシングの申込みをするようにしたほうが良いでしょう。
大事なのは、審査に通りたいからといって、キャッシング申込みをする書類には虚偽の事実を書かないようにすることです。
わざとではなくても、ミスして記載してしまった場合でも、審査に通るのが難しいことがあるそうです。
要注意なのは、電話番号などの書き間違えでも信用をなくしてしまうことがあることです。

 

とくに気を付けたほうが良いのは、審査基準の厳しい銀行系のキャッシングに申し込んだ場合です。
1社でも別のローン会社から借り入れをしていると審査に落ちる可能性があります。
返済がされていれば、別の会社から借り入れをしていても、消費者金融の場合には審査には通ることがあります。
自分に合ったところを、キャッシングの申込みをする場合には選択することをおすすめします。

 

 

 

クレジットカードの危険性

現在はもう破棄しましたが、以前クレジットカードを頻繁に使っていた時期がありました。
クレジットカードというものは勿論便利ではありますが諸刃の剣で、カード一枚で物を買えてしまうが故に金銭のやりとりの実感が沸かず、ついつい使い込んでしまう恐れもある危険性もある訳です。

 

クレジットカードを使うということは紛れもなく「借金をする」ということです。
実際にお金を借りる手続きをしているわけでもないので実感しずらいですが、クレジットカードでの利用額はそのまま借金額であるということを自覚しましょう。
また支払い方法として「リボ払い」を利用してしまうと返済がとても大変になってしまいます。
ローンの一種ではありますが、基本的にリボ払いを選択すると月々の支払では利息分の返済がほとんど、元金はほんの少しだけの支払いに留まってしまいなかなか返済できない、という恐ろしいからくりが潜んでいます。結果的に一括で購入した場合よりもはるかに多額の支払いをしていることになるのです。

 

自分はこれらの恐ろしさに気づいてクレジットカードを止めました。確かに便利ではありますが、自覚なく破滅の道を辿ってしまいがちなツールであると今では思います。
絶対に使うな!というほどではありませんが、使用の際には細心の注意を。

 

 

 

借金返済は延滞に注意

計画的な借金返済は基本的なことですが、計画よりもかなり余裕をもった返済ペースでないと返済期間中に予定外の出費や収入減に対処できなくなることもあります。
そうなったときに返済の延滞ということになりますがこれは履歴としてきっちりと残ってしまいます。
督促があってから少しの利子の増加分を払えば済むと思っている人も多いかもしれませんが、延滞の履歴があると新しくお金を借りることができなかったり、キャッシングなどの限度額が大幅に引き下げられたりします。
新しくクレジットカードを作るときの審査にも影響するので軽く考えずに借金の返済は延滞に注意しておく必要があります。
それは借りた金融機関だけでなく、そうでない金融機関や消費者金融などいわゆる業界に知れ渡ることになります。
いわゆるブラックリストに載ることになるのです。
多くの返済は自動引き落としを利用していると思いますがやはり一回分は余分目に口座に入れておくぐらいの準備があっても損はないはずです。
そのように1回分、2回分と少しずつ増やしていくのも繰り上げ返済につながり返済期間が短くなり、支払う利子も少なくできることもあります。
ぎりぎり返済からは早い段階で脱出しておくほうが賢明です。
借金はうまく使えば生活のメリハリもできますが延滞にだけはくれぐれも注意が必要です。

 

 

 

借金返済でどうしても返すことができなくなってしまった場合の選択肢

複数の借入先へ借金返済をしていくうえで、どうしても支払いができなくなり困難になった場合、解決法の1つとして、おまとめローンという手があります。

 

銀行カードローンや、消費者金融で、このおまとめローンを実施しています。
複数の借入先を1本化にすることで、毎月の借金返済の日を1回にし、返済額そのものを減らし、完済することを目的としたローンです。

 

今まで、月に複数の返済日があったために、口座の残高管理が大変でしたが、1回にすることで、負担がかなり減るというメリットがあります。
しかし、このおまとめローンを利用する人全部が、あてはまるということではないのが事実のようです。一定の基準をクリアしていなければならないとのこと。

 

そうなると、払えなくなってしまった借金返済は、どうすればよいのでしょうか。
債務整理という選択肢があります。
無理のない返済方法で返していくものです。

 

任意整理・民事再生・自己破産などがあり、状況に応じて、選択するのですが、手続きが非常に複雑なため、弁護士に相談されてから決める方が多いようです。
法律事務所では、このような債務整理を積極的におこなっているところが多く存在しています。
お困りのかたはまず無料相談からはじめてみることをオススメ致します。

 

 

 

自己破産という選択肢について

最近では多重債務者の借金の返済が出来なくなってしまうと言うケースが増え始めているといわれています。
そういったケースでは任意整理や借金の一本化などの方法で一応の解決を見ることもありますが、そう言った解決策も限界があり、最終的には自己破産を選択する以外にない場合もごく稀に存在します。

 

しかし腕の立つ弁護士や税理士に相談することによって自己破産を回避して、その他の策を選択できる場合もあり、あくまでも自己破産という手段は最後の手段として温存しておくと言うのが一般的な債務整理の考えです。

 

最近ではインターネットなどでもこのような自己破産を含む債務整理についての基礎的な情報や、少し踏み入った深い内容までさまざまな情報が存在しているので、現在多重債務で頭を悩ませている人は税理士に解決を依頼したり、インターネットの債務整理の情報サイトなどを調べて予習しておくのも、出来る限り自己破産という選択肢を回避するためにも重要な心構えであると言えるのです。

 

多くの場合には自己破産を選択することによって、借金の返済地獄からは抜け出せるのですが、それ以降の生活と言うものには色々と制限が付いてしまうため、自己破産を選択しない道の模索が何よりも重要です。

 

こちらのサイトが参考になります → 「無料法律相談 電話 24時間

 

更新履歴